読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃれな女性のためのデリケートゾーン処理の口コミ情報

ブラジリアンワックスは海外では主流なデリケートゾーンの処理方法。日本では大きく馴染みはないですが、海外の先進国ではオシャレの一環としてアンダーヘアの処理は習慣となってます。だから国際恋愛するならブラジリアンワックスでVIOのお手入れすることは必須です!

国際恋愛では体の関係を持つ前にアンダーヘアの処理は当たり前!

f:id:francerenai:20160519140703j:plain

 

海外、特に欧米諸国ではデリケートゾーンVIOのお手入れは当たり前です!

フランスでもおしゃれなパリジェンヌは彼氏ができたらすぐにアンダーヘアの処理をすることは当たり前です。


稀に処理していない女性も男性もいますが、やはりHの行為をする時には邪魔になるし、その行為自体を嫌がる男性もいるので注意が必要です。

 

外国人の彼氏がいてH行為をしていてアンダーヘアの処理が上手くされていない時も、「ちゃんと処理して!」いう彼氏は少ないです。

 

だから彼氏が言わないからといって処理しないで大丈夫とは限りません。

 


1回にHする時間が短かったり、気分がのっていないなと感じる時は、もしかして彼氏がアナタ行為自体を嫌がっている可能性がありますね。

だから少なくともVとIの処理をすることをオススメします。


初めての場合、エステや美容専門のクリニックでアンダーヘアーの処理をしてもらうほうが手間が省けるし、安心ですよね。
なんたって超デリケートゾーンの処理なのですから!

 

個人的に処理している方法としては、フランスのトゥールーズ市で最初に美容専門のクリニックでVの処理だけやってもらいました。


2,3回定期的に間を少しおいて処理をしてもらうと、再度生えてくる毛が薄くなり、数も減って来たので、通っていた美容の専門の人から「自宅で処理しても痛くありませんよ!」といってもらえました。

 

だからVラインにおいては、ワックス処理をすることにしました。
やはりお店の人が言っていたとおり、毛が抜けやすく、痛みもほとんど感じずに一瞬のピリっというぐらいだったので、Vラインに関してはそれ以来自宅でワックス処理しています。

 

ワックス処理していると、毛が生えてくる周期もゆっくりなので、咄嗟に彼氏とHな関係になってもアンダーゾーンのお肌はツルツルなので、安心しています。


Iラインの処理について

f:id:francerenai:20160511162036j:plain

 

個人的にVとOラインについては今はワックス処理をしていますが、Iラインはやはり超デリケートゾーンであることと、毛が太く自分でワックス処理した時に痛みをすっごく感じたので、Iラインについては未だにクリニックで定期的に処理してもらってます。

 

クリニックで処理してもらう時も自宅でワックス処理した時と同じように多少痛みもありますが、やはり安心なので未だに続けています。


毛が生えてくる周期は徐々に遅くなってくるし、毛も薄くなりつつあるので、痛みが少ない人は自宅でワックス処理してもいいと思います。


現在はフランス帰国して日本で暮らしているので、使用していたクリニックで買っていたアンダーヘア専用のワックスと似たようなものを日本で探して、今も愛用しています。

 

同じような成分で使っても安全なものを探したところ次の3つを試しました。
3つとも商品に違いはそれほどなく、安全に使えたのでまとめました。